住宅にはどんな工法・構造がいいの?

住宅の工法には大まかに、木造系と非木造系があります。
木造にはツーバイフォー(2×4)と軸組み工法があり、非木造系には鉄骨・鉄筋コンクリート・プレハブ工法などがあります。建てたい家の間取りや土地の形・周辺の道路状況などにより、選択する工法が変わってきますが、今日は簡単にそれぞれの特徴をお話ししたいと思います
ツーバイフォー(2×4)は、イメージ的には木で面である壁を作り、それを四方向、1階から組み立てていくようなものです。
耐震性に優れ、耐火性能もよく比較的安価です。
ただ壁内の通気が取れていないので結露を起こしやすく壁内でカビが発生しやすいです。
また、間取りの変更などは難しく、将来リフォームで大きなお部屋や大きな窓を作るのは難しいでしょう。
現場ではツーバイフォー(2×4)に慣れた大工さんでないと、使用してはいけない釘を使うなど施工ミスを起こしやすいです
ツーバイフォー(2×4)で住宅を建てるときは、職人さんと現場監督の腕の良さがポイントになってきます。

木造の軸組み工法は、俗に在来工法と言って、昔から日本で建てられている木造建築の様式です。
地方のおじいちゃんおばあちゃんちは、おそらく在来工法です。
いまはプレカットといって、工場でカットしてきた柱や梁をプレカット図という施工図をみながら何番何番と組み立てていきます。
組み立てた柱や梁は、金物でひとつひとつ固定するのですが、ここに大工さんや現場監督の腕の違いが表れやすいです。
一般の人が現場を見るときのポイントは、金物がまっすぐしっかりとめてあることや、仕事場である現場が整理整頓・きちんと掃除されていればよい大工さんです。

非木造系には鉄骨・鉄筋コンクリート・プレハブ工法などがあります。鉄骨や鉄筋コンクリート工法は、単価も高く建物の重量も重いので、一戸建てには向きません。建物の重量が重いと、木造では必要のない地盤改良が必要になる場合もあるからです。また、基礎の仕様も厚くなり単価が上がりますしかし一戸建てでなく、マンションや規模の大きな店舗併用住宅には法律的にも最適な工法です。

プレハブ工法とは工場でほとんど作ってきてしまう方法で、木質系・鉄骨系・コンクリート系とあります。「認証住宅」として確認審査や確認検査の一部も省略されるほど品質が安定しています。○○ハウスや○○ホームなど、大手のものが多いです。プレハブといってもツーバイフォーや在来工法より高価な住宅で、中古市場でも値段が安定しています。現場の職人や監督によっての品質のばらつきもほとんどなく、失敗は少ないです。しかし、工場生産部分が多いため、将来の間取り変更などは難しく、リフォームなどには適していません。

いかがでしたか?
住宅には土地や周辺状況に合わせた工法の選択が必要ですが、前提として、お話ししたような工法の特徴があります。私個人的には将来の売却の可能性も含めて、プレハブメーカーさんの住宅を購入したいですが、やはりお値段で二の足を踏んでしまいます。またプレハブメーカーさんは、地方には販売拠点がなく建築できないことも難点ですね。